トップ 最新 追記

PC日記

カテゴリ | Linux | Mac | tDiary
2008|03|04|05|
2009|11|
2010|02|05|08|09|10|11|12|
2011|01|05|11|
2013|06|
2014|08|
2015|01|04|08|

2009-11-08

_ [Linux] Ubuntu 9.10

今まで愛用していたGentooがちょっと調子悪くて、仕事が忙しかったり子供と遊んだり、あまりパソコンをメンテナンスしている時間も取れないので、思い切ってGentooをやめて、初心者向けでメンテナンスも簡単そうなUbuntuに乗り換えた。 ちょうどバージョン9.10が出たばかりだし、ちょうどいいタイミングだった。

今、インストールしたばかりのUbuntuでブログ更新しているのだが、非常にモッサリしていて遅くてやってられない。

Gnomeを使っているから?

Gentooの時も遅かったので、このパソコンが遅いのは承知の上なので、もう少ししたらXfceとかの軽量DEに変更するつもり。

とりあえずUbuntuの文化に慣れることから始めてみる。


2009-11-09

_ [Linux] Flash Playerはどうやって?

Firefoxでいつも巡回しているサイトを見ていると、Flashプラグインのインストールを促される。

Adobeのサイトよりinstall_flash_player_10_linux.tar.gzをダウンロードする。そして~/.mozilla/pluginsディレクトリを作成し、解凍してできたlibflashplayer.soをpluginsディレクトリにコピーする。

Firefoxを再起動すると、無事にFlashが使えるようになっている。

ちなみに今回インストールしたFlash Playerのバージョンは10.0.32-r18だったような。

Ubuntu的にこのインストール方法で良かったのだろうか?


2009-11-13

_ [Linux] Evinceで日本語を表示する

UbuntuのデフォルトのPDFビューアはEvinceになっているのだが、日本語が表示されなくて、ちょっとGoogle検索してみた。すると、poppler-dataというパッケージを入れると日本語が表示できるらしい。

Synapticを起動して、検索窓にpopplerと入力すると、popplerという文字列が含まれるパッケージ一覧が表示されるので、その中からpoppler-dataを選択してインストールする。すぐにインストールが完了する。超簡単。

そして日本語のPDFファイルを恐る恐る開いてみる。 見事!日本語の表示に成功した。

Ubuntu 9.10 Desktop 日本語 Remix CDをダウンロードしてインストールしたから日本語環境は完璧だ!とまではいかなくても、PDFの表示ができないなんて、とても残念なことだ。


2009-11-14

_ [Linux] Javaをインストールする

まずはSUNのホームページからJDKをダウンロードする。このブログを書いている時点での最新バージョンはJDK 6 Update 17だったのでjdk-6u17-linux-i586.binをダウンロードする。

Gnomeターミナルを開いて、sh jdk-6u17-linux-i586.binを実行。するとライセンス関係の英文が表示され、Enterボタンで下までスクロールしていく。英文の最後にyesかnoかを聞かれるのでyesと入力してEnter。jdkの解凍が始まって、しばらくするとjdk_1.6.0-17というディレクトリが作成される。ここにJDKが解凍されている。 このディレクトリをjavaにリネームして、$HOME/binへ移動する。

PATHを通す。 $HOME/.bashrcを開いて、以下を追加。

# Java
if [ -d "$HOME/bin/java" ]; then
  JAVA_HOME=$HOME/bin/java
  PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
  CLASSPATH=$JAVA_HOME/lib/tools.jar
  export JAVA_HOME PATH CLASSPATH
fi

そしてGnomeターミナルでsource $HOME/.bashrcを実行する。

最後にGnomeターミナルでjava -versionを実行して、インストールしたJavaのバージョンが表示されれば完了。

ついでにFirefoxからもインストールしたJavaを使えるようにしてやる。 Flash Playerをインストールした時と同様に$HOME/.mozilla/pluginsの中にJavaプラグインえおインストールする。Javaの場合はプラグインへのシンボリックリンクを作る。

ln -s $HOME/bin/java/jre/plugin/i386/ns7/libjavaplugin_oji.so 

2009-11-15

_ [tDiary] tDiaryをインストールするめも

.htaccess

Options +ExecCGI

# if you run tDiary with symbolic link, use settings below.
#Options +FollowSymLinks

# if making anchor style as 'YYYYMMDD.html', add some settings below.
# SEE header of html_anchor.rb plugin.

AddHandler cgi-script .rb
DirectoryIndex index.rb

<Files "*.rhtml*">
	deny from all
</Files>

<Files "tdiary.*">
	deny from all
</Files>

<Files update.rb>
	AuthName      tDiary
	AuthType      Basic
	AuthUserFile  /virtual/hoge/.htpasswd
	Require user  hoge
</Files>

tdiary.conf

変更または追記した部分のみ掲載

# 日記データベースを作成するディレクトリ【必須】
#   日記のデータを保存するディレクトリです。このディレクトリは通常、WWW
#   経由でアクセスできない(public_html配下でない)ディレクトリを指定しま
#   す。このディレクトリは、WWWサーバの権限で書き込めるパーミッションに
#   しておく必要があります。
@data_path = '/virtual/logging/tdiarydata'

# 日記記述形式の指定【オプション】
#   日記の記述形式(書き方のフォーマット)を指定できます。現在は'tDiary'
#   のみがサポートされていますが、記述形式用プログラムを追加すればそれを
#   指定することも可能です。
@style = 'Wiki'

# 絵日記プラグインのデータ保存先ディレクトリを指定
@options['image.dir'] = File.join(@data_path, 'images')

2009-11-16

_ [tDiary] 添付した画像が表示されない

昨日tDiaryをいじくり回していたら、今までの日記で添付した画像が表示されなくなってしまった。

いろいろ調べた結果、画像を保存するディレクトリをpublic_htmlの中にしなければならないことが分かった。

悪さをしていたのは、tdiary.confのこの行。

# 絵日記プラグインのデータ保存先ディレクトリを指定
@options['image.dir'] = File.join(@data_path, 'images')

@data_pathをpublic_htmlの外に置いているからApacheからは参照することができなかった。

この行を削除して、元々のimagesディレクトリをtDiaryインストールディレクトリの直下に置いて、画像が表示されるようになった。

@data_pathとimagesのディレクトリの両方をバックアップするのは面倒くさいなぁ、と思う。

最終的なtdiary.conf

変更または追記した部分のみ掲載

# 日記データベースを作成するディレクトリ【必須】
#   日記のデータを保存するディレクトリです。このディレクトリは通常、WWW
#   経由でアクセスできない(public_html配下でない)ディレクトリを指定しま
#   す。このディレクトリは、WWWサーバの権限で書き込めるパーミッションに
#   しておく必要があります。
@data_path = '/virtual/hoge/tdiarydata'

# 日記記述形式の指定【オプション】
#   日記の記述形式(書き方のフォーマット)を指定できます。現在は'tDiary'
#   のみがサポートされていますが、記述形式用プログラムを追加すればそれを
#   指定することも可能です。
@style = 'Wiki'

トップ 最新 追記