トップ 最新 追記

PC日記

カテゴリ | Linux | Mac | tDiary
2008|03|04|05|
2009|11|
2010|02|05|08|09|10|11|12|
2011|01|05|11|
2013|06|
2014|08|
2015|01|04|08|

2010-11-25

_ [Linux]lubuntu 10.10をインストール

Ubuntu 10.10がリリースされました。今まで10.04を使っていたので早速アップデートをしようと思いました。

以前9.10から10.04へのアップデート時は、アップデート・マネージャからアップデートをかけたらアップデートが止まってしまって、最終的には別のPCでインストールCDを焼いてクリーンインストールした記憶がありました。だから今回もCDからクリーンインストールすることにしました。

そしてCDを用意して、CDからPCを立ち上げました。ところが起動途中で画面が固まってしまいます。もしかしてPCのパワー不足?幸いにもマウスとキーボードは動くのでtty1からコマンドでインストールする手段もあったのですが、インストールしても重くてまともに動かなくなっては嫌なので、今回はlubuntuをインストールすることにしました。

10.04のときはubuntuにlubuntu-desktopというパッケージを入れてubuntuをlubuntu化して使っていたので、素直にlubuntuからインストールしたほうが良さそうです。

Google検索でたくさん出てくるのでインストール方法などについては割愛します。

まだlubuntu 10.10をインストールしてアップデート・マネージャでアップデート可能なソフトをアップデートしただけの環境ですが、アップデート前よりも気持ち軽快になった感じがします。lubuntu化するよりも素直にlubuntuをインストールする方が良さそうです。

驚いたのは日本語入力ソフト(iBus?)もインストールされていたことです。Ubuntu Japanese TeamUbuntuの日本語環境とかを参考に設定しないと日本語入力ができないと思っていたので感激です。でもフォントが今のままだと何となく中国語っぽい難しい漢字で表示されているので、日本語環境は整えないとならないようです。

明日から環境を整えていこうと思います。


2010-11-26

_ [Linux]Chromiumがエラー出しまくる件

lubuntu 10.10にアップデートしてからChromiumが下のような画像のエラーを出しまくっています。本サイトも例外ではなく、エラーで見ることができません。でもたま〜に見ることができてしまいます。

Chromiumのエラー画面

いろいろ調べていたら、JavaScriptを無効にするとエラーを回避できることが分かりました。本サイトのトップページではJavaScriptは使っていませんが、自動挿入されるXreaの広告がJavaScriptを使っています。

最近のブラウザでは、誰かが必ず広告をブロックする拡張機能を作っているはずだ!と思い、彷徨ってみるとすぐにAdBlockという拡張機能が見つかりました。

早速インストールして、特に何も設定しないまま本サイトのトップページを開いてみると、見事、広告が表示されなくなっていて、ページを見ることができるようになりました。

Chromiumのバグなのか、広告のJavaScriptがおかしいのか分かりませんが、とりあえず広告ブロックしたまま使っていくことにします。

今日はlubuntuの設定をする予定だったのに、余計なことで時間を費やしてしまいました。


2010-11-27

_ [Linux]lubuntuインストール後の設定

日本語環境の設定

まずはUbuntuの日本語環境を参考に日本語環境を設定します。まぁこのページに書いてあるとおりなんですが、一通りやっていきます。

(1)[アプリケーション]-[アクセサリ]-[LXTerminal]を開きます。

(2)以下のコマンドを実行し、GPG鍵とレポジトリを追加します。

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/maverick.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update

(3)以下のコマンドを実行し、パッケージをアップグレードします。<<<

sudo apt-get upgrade

(4)デスクトップ環境を利用している場合は、[システム]-[システム管理]-[言語サポート]を開きます。標準の言語が設定されていることを確認します。設定されていなければ、利用したい言語のチェックをONにし、標準の言語を選択してください。

(5)日本語 Remix CDに追加されているパッケージと同じものをインストールする場合は、以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get install ubuntu-desktop-ja

[システム]-[システム管理]-[日本語環境セットアップ・ヘルパ]を起動してIPAフォントとかをインストールします。

ファイヤウォール(iptables)を設定

ファイヤウォール設定 (iptables)ファイヤウォール設定 (iptables) 続きを自動化するために、下のスクリプトファイルを作成しました。

sudoで実行して、あとは放ったらかしでOKのはずです。

#!/bin/sh

# 1 ###############################################################
# 設定を保存/リストアするための設定をする。
###################################################################

#作成するスクリプトファイル名
RESTORE="/etc/network/if-pre-up.d/iptables"
SAVE="/etc/network/if-post-down.d/iptables"

#iptables設定ファイルの保存先ディレクトリを作成する
if [ ! -d "/etc/network/iptables" ];
then
  mkdir /etc/network/iptables
fi

#設定リストア用のスクリプトファイル作成
echo "#!/bin/sh" > $RESTORE
echo "iptables-restore < /etc/network/iptables/iptables.rule" >> $RESTORE

#設定保存用のスクリプトファイル作成
echo "#!/bin/sh" > $SAVE
echo "iptables-save > /etc/network/iptables/iptables.rule" >> $SAVE

#スクリプトファイルの属性変更
chmod 700 $RESTORE
chmod 700 $SAVE

# 2 ###############################################################
# iptablesのルールを設定する
###################################################################

#現在のiptablesの設定をクリアする
iptables -F

#デフォルトのルールを設定する
iptables -P INPUT DROP    # drop inputs
iptables -P OUTPUT ACCEPT # accept outputs
iptables -P FORWARD DROP  # drop forward

#許可するものを指定する
iptables -A INPUT -i lo -j ACCEPT
iptables -A OUTPUT -o lo -j ACCEPT
iptables -A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

# Apacheを利用する場合は以下も追加
#iptables -A INPUT -p tcp -s (LANのアドレス) --dport 80 -j ACCEPT

GnuCashをインストール

Synapticからインストールできる。

JAVAをインストール

無料Javaソフトウェアをダウンロードからjre-6u22-linux-i586.binをダウンロード。

$HOME/bin/javaに解答。

$HOME/.bashrcの末尾に以下の2行を追加。

JAVA_HOME=$HOME/bin/java
PATH=$PATH;$JAVA_HOME/bin
export JAVA_HOME PATH

トップ 最新 追記