トップ 最新 追記

PC日記

カテゴリ | Linux | Mac | tDiary
2008|03|04|05|
2009|11|
2010|02|05|08|09|10|11|12|
2011|01|05|11|
2013|06|
2014|08|
2015|01|04|08|

2010-12-04

_ [Linux]ChromiumからEpiphanyへ乗り換えました。

Chromiumが遅すぎます。

Yahoo!ニュースなどを見ててもページの読み込みに1〜2分かかっています。その間ずっとHDDがガリガリと激しく動き続けています。

調べるのも面倒なので想像だけですが、メモリ不足でスワップしまくっているんじゃないかと思います。

とにこかくにも、1クリックで1〜2分かかるんじゃストレス溜まりまくりなので、軽量ブラウザを探してみました。

まず試したのはmidoriです。WebKitを使っていてXfceでは標準ブラウザに採用されています。

使ってみた感想としてはChromiumと比較して軽いです。ページが表示されるまでにChromiumほど待たされることはありませんでした。でもマウスホイールで画面をスクロールしていると、3行くらいずつ紙芝居のようにスクロールしていきます。これは目が悪くなりそうで大嫌いです。Googleドキュメントもサポートされていないのでmidoriは却下しました。

次にEpiphanyを試しました。こちらもレンダリングエンジンはWebKitです。やはりスクロールが紙芝居になってしまいますがmidoriよりは多少マシでした。Googleドキュメントは対応しているみたいですが、SpreadSheetでグラフがあるシートを開くとEpiphanyが落ちてしまいます。

ここで面倒になってきたのでmidoriとEpiphanyを比較してEpiphanyを使うことに決めました。GoogleドキュメントだけはChromiumを使わざるを得ませんが。


2010-12-06

_ [Linux]遅いぞOpenJDK

2chブラウザにV2Cを愛用しています。lubuntu10.10をインストールしてからV2Cが遅いのです。起動もレスを開くのも、何もかもが遅いのです。なれるまではイライラしまくりました。なぜ遅いのか調べてみると、Java実行環境にこの前インストールしたSunのJavaが使われていなくてOpenJDKが使われていました。

何でか知りませんが、lubuntu10.10には標準でOpenJDKが入っているようです。

まぁとにかくJavaが動けばいいので、SunのJavaはフォルダごと削除して、$HOME/.bashrcからもJava環境変数は削除してしまいました。

それにしてもJava実行環境によって速度にここまで差があるとは思っていませんでした。新発見です。


2010-12-13

_ [Linux]ブラウザ比較

この前軽量ブラウザを探して、最終的にEpiphanyが軽くて使いやすいという結果になり、現在Epiphanyを使っています。しかし、まだ使い勝手が悪く感じるところもあり、さらにブラウザを探してみました。

今回は軽量ブラウザ探しというわけでなく、メジャーなブラウザを使ってみることにしました。試したのは「Firefox」「Google Chrome」「Opera」です。ChromeとChromiumは似ていますが、Google版とオープンソース版という違いがあります。

では一つひとつ試用していきます。

Firefox

まずはFirefoxを試用してみます。インストール方法はFirefoxのサイトのトップページに「Firefox 3.6 無料ダウンロード」と書かれた大きなボタンがあるので、クリックするとfirefox-3.6.12.tar.bz2というファイルをダウンロードできます。
これをXarchiverで解凍するだけです。

解凍してできたfirefoxフォルダの中に「firefox」という名前のファイルがあるので、ダブルクリックするとFirefoxを起動できます。

ちょっと使ってみて、やっぱり日常的に使用できるほどではありません。重すぎてイライラしてきます。

今のところ、Epiphany > Chromium > Firefoxという順で好印象です。

Google Chrome

次にGoogle Chromeを試用してみます。インストール方法はChromeのトップページに「Google Chromeを無料ダウンロード」と書かれた大きなボタンがあるのでクリックして、次に表示されたページで「32 ビット .deb(Debian/Ubuntu)」を選択して「同意してダウンロード」ボタンを押します。google-chrome-stable_current_i386.debというファイルがダウンロードされます。
これを右クリックして、表示されるポップアップメニューから「GDebi Packageインストーラ」を選択してインストールします。

ちょっと使ってみて、ChromiumよりもHDDがガリガリ動かないため軽く感じます。Chromiumを使うくらいなら絶対にChromeがオススメです。Firefoxよりも軽く感じるし、いい感じです。

今のところ、Epiphany > Chrome > Chromium > Firefoxという順で好印象です。

Opera

最後にOperaを試用してみます。インストール方法はこのページを開いて、「Ubuntu」「tar.bz2」を選択して、「Download Opera」ボタンを押して、opera-10.63-6450.i386.linux.tar.bz2をダウンロードします。
これをXarchiverで解凍するだけです。

解凍してできたoperaフォルダの中に「opera」という名前のファイルがあるので、ダブルクリックするとOperaを起動できます。

ちょっと使ってみてビックリしました。サクサク動きます。サクサクで次々とリンクをクリックしていけるのでストレスを感じません。でもスクロールするとEpiphanyみたいに紙芝居になってしまうのが残念です。これはPageDownとかPageUpとかで我慢できます。

今のところ、Opera >> Epiphany > Chrome > Chromium > Firefoxという順で好印象です。

結果Operaサイコー

その昔、Gentooを使っていたころにブラウザはOperaを使っていました。どうしてOperaを使うのを止めたのか思い出してみると、OperaはGoogleドキュメントやカレンダーの表示が崩れるのでOperaを捨ててFirefoxに移行したのでした。

でも今回Operaが軽くてストレスなくインターネットをできることが分かったので、普段はOperaを使い、GoogleドキュメントのときだけChromeを使うことにしました。

スクロールが紙芝居になることがなければOperaは100点満点なのですが、ファイルマネージャのPCManFMでもスクロールすると紙芝居になるので、紙芝居はこのパソコンの限界なのでしょう。

あとOperaで見れないページが幾つかあるのも残念なところです。

でもサクサクなのでOperaサイコーです。


トップ 最新 追記